ミャンマー1日目 BAGO / by Yuri Miyata

パゴー
ヤンゴンから電車で2時間かけて到着。
ミャンマー1日目ともあって、初パヤー(仏塔)にテンション高めな日本人。

駅で声を掛けてくれたウェイスーさん、チェコウさんが半日バイクで案内してれた。

パヤーには、木陰で寝ころんでいる人や、ごはんを食べている人
おしゃべりしていたり、座ってぼーっとしている人がたくさんいた。

遊んでいる子供も多く、私たちが歩いていると
珍しい人が来たと、寄って来てくれたり、ハローと声を掛けてくれる。

写真撮っても良いかしら?とレンズを向けるとにっこり。            
ミャンマーではパヤーの中は裸足が鉄則。

毎回、ここで脱いでね。って教えてくれます。

裸足で歩くパヤーは冷たくて気持ちいい。 
横たわった巨大な寝仏の前で、開放感に溢れる。

ところで、ミャンマーには面白い仏像がたくさん。 
こっちの方が気になるし、ついつい探してしまう。

愉快なおじさん      

謎の厳ついおじさん   

電飾された後光。キラキラ。パチンコみたいよ。    

柵の中のサングラス&めがね仏        

ともだち 

なんだろ。。このかわいいやつ。

初っ端からこんなぶっとんだ仏たちを見せつけられて
私の勝手なミャンマーのイメージは見事に覆されてしまった。
興味深いわ、ミャンマー。
先が楽しみ。

最後に訪れたチャカッワイン僧院
ここでは1000人の僧侶が生活をともにし、修行に励んでいるそう。
部屋を覗いていると、年配のお坊さんが中に入っていいよ。と 声を掛けてくれた。

中では何人かのお坊さんが勉強中?

最後にバスの受付まで送ってくれて、お別れをした。
最初ためらったけれど、お2人の案内でとても楽しくまわれました。ありがとう。

じゃあまたね〜とバイクで元気に去って行った。 次の観光客を捕まえに行くのだろうか。

バス停近くのレストランでお昼ごはん。
ミャンマーのごはんはハズレがなくてとても美味しい。そして安い。

夕方、パゴーからチャイティーヨーへと向かった。
バスの中は、ドラマがずっと流れていた。
何をしゃべっているのかずっとハテナだったけど、途中みんなが大爆笑していて、
つられて笑ってしまった。          
おじさんの豪快な運転で凸凹道を2時間走り続けた。