槇寄山 Mt.Makiyose / by YURI MIYATA

3連休は暖かくなりそうです。
とラジオで気象予報士のお姉さんが言っているのを何回も聞いていると
洗濯干してないでどこかに行かなきゃという気持ちになり
奥多摩の槇寄山へ行ってきました。

今回はいつもと違うレンズAI Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sを使いました。
こんなにも寄れるとは、素晴らしい。
且つシャープ、そしてボケが柔らかくて綺麗。
レンズでこんなに変わるのですね。
楽しくて撮ってばかりいた為に、登りに4時間も掛かってしまいました。

土の中の霜柱

寄りすぎて、一部ぼうしのツバで崩してしまった。

山頂付近まで誰にも出会わず静かな山道でした。
途中で道しるべが無くなり、地図とコンパスと誰かの足跡を頼りに
30分くらいで進んでいるとやっとリボンが現れ、一安心。
とても目立たない色。
道が合っててよかった。人のいない登山は少し寂しいですね。

途中の分岐点にて、今年の初の富士山。
丸太に座ってぼけーっと眺めていると、すぐに寒くなるので即出発。

山頂のお昼ご飯も、ゆっくりのんびりしてると身体がどんどん寒くなってきて
最後はどうしても飲みたい珈琲を、震えながら飲みました。

みんなどうしてるんだろう。
おそらく昼食にこんなに時間を掛けないのだろうな。。。

楽しそうな雪山は装備も知識もないので来年以降ということで、
今年の冬は雪のない低山を色々学びながら楽しみたいと思います。