真鍮のお手入れ / by YURI

 YURI MIYATAでは真鍮をつかったアクセサリーも制作しています。
真鍮の変色は素材の持つ魅力として捉えて制作しておりますが、気になる場合は洗ってきれいにすることが出来ます。

色々なサイトや本で方法を調べまして、大丈夫そうなところを探りました。
なのでこれが正解というわけではありませんが、いろいろな方法がある中の1つとして参考にしていただければ幸いです。

準備するものは重曹です。ご自宅にございますでしょうか。

自分用に使っているブローチ。
近くで見ると黒い斑点や自分の指紋など。。
真鍮は空気中の成分や皮脂と反応して変色してきますので、使用後は柔らかい布で汗や汚れを拭き取ってから保管してください。と、お伝えしておきながら自分がこういう状況。。

まず、水につけてから(表面に水滴が残るくらい)、パラパラパラと重曹をふりかけてください。あとは指でゴシゴシ磨いて水で洗い流します。

これだけでもキレイになるのですが、それでもイマイチという時は、ステンブラシを使ってみてください。(無ければ四角い食器用スポンジの固い面でも大丈夫です。歯ブラシだと柔らかすぎました。)
Leaf / Lineのような繊細なものは、グニャっと曲がってしまう場合がありますので、使う際は力を入れすぎないようにお気を付けください。。

表面をマットに仕上げているものは、自分の好みに合わせて仕上げてみてください。

最後は水で洗ってしっかり乾かして終わりです。

樹脂がのっているタイプも、同様に洗えます。

樹脂は水にぬれても大丈夫です。重曹で樹脂もきれいになります。
最近発見したのですが、樹脂の部分だけ洗いたいときは、激落ちくんのスポンジ(水で濡らさず乾いた状態)でさささっと拭いてやるとキレイになります。

最後に、ツヤ仕上げをした真鍮のピアスです。
重曹で洗うところまでは同じなのですが、その後ブラシで磨いてしまうとマットになってしまいますので、シルバークロス(または銅みがきクロス)を使います。
これは、超微粒子研磨材とツヤ出し剤を含んだ研磨布です。

※シルバークロスはYURI MIYATAの真鍮以外のアイテム(素材がマット・白仕上げのシルバー、ゴールドメッキを施したもの等)には使用しないでください。

ゴシゴシピカピカに磨いでください。
最後によく洗ってから水気を拭き取ってください。

上記の他にも、酢を使ったり、歯磨き粉を使ったり、色々あるようです。
是非お試しください。